This website requires JavaScript.
DIGITOMENU

DIGITOMENU(ディジトメニュー)プラットフォームの利用規約

当社のウェブサイトへようこそ!サービスをご利用になる前に、下記の規約をよくお読みください。当規約は、当社のサービスをご利用になる利用者の皆様と当社との関係性について規定するものです。各条件について、簡単な紹介と解説を下記に記載します。

• 飲食店のデジタルメニュー作成のお手伝い。当社は、日本全国の飲食店様が日本語からフランス語等さまざまな言語で、デジタル版メニューのデザイン、作成、表示ができる機能とサービスを提供する会社です。本サービスの一環として、当社オリジナルのwebアプリケーションを使用して、これらのメニューを顧客に表示します。

• 飲食の販売は行いません。当社のデジタルメニューサービスは、飲食店様が顧客にメニューを共有することを手助けするテクノロジープラットフォームを構成するものです。しかし、本サービスではそれらの商品の販売は行いません。飲食の購入に関するいかなる合意は、レストランと顧客の間のみで成立するものとなります。

• 利用者は自身のコンテンツを保有します。当社のサービスを利用してメニューを作成いただく場合、利用者はいくつかのオリジナル・コンテンツをアップロードしていただく必要があります。たとえばお店の写真や既存のメニューなど、ご自身が掲載したい素材を選択してアップロードしていただけます。当該コンテンツの所有者はお客様(利用者)にありますが、利用者に代わってコンテンツを処理する特定の権利とライセンスを当社が付与されます。ライセンス付与の詳細については、下記の第2条2項に記載しています。

• 各店舗のコンテンツについて、当社は責任を負いません。コンテンツの内容が他人に危害を与えたり、アップロードしたコンテンツが著作権等の規則や規則に違反しないようにする責任については、利用者が単独で負うものとします。

• 当社は利用者に対する責任を限定します。当社は、独自のサービスをご提供するにあたり、当サイトの利用に関する責任を限定し、免責されるものとします。当サイトは保証のない「現状有姿の状態」で提供されます。これらの限定責任については、第11条および第12条をお読みください。

上記の条件についてご不明な点がございましたら、legal@digitomenu.comまでメールにてご連絡をお願いいたします。

合意事項

https://digitomenu.comにあるウェブサイト(以下、総称して「サイト」という)は、他言語への翻訳版も含めて、DOKOJAPAN(ドコジャパン)株式会社(以下、「DOKOJAPAN(ドコジャパン)」または「当社」という)が所有する著作物です。本サイトの一部の機能には、追加のガイドライン、条件、または規則が適用される場合があり、それらは本サイトに掲載されます。

この利用規約(以下、「本規約」という)は、DOKOJAPAN(ドコジャパン)株式会社が提供する本サイト、商品、アプリ、デジタルメニュー、機能、その他のサービス(以下、総称して「本サービス」という)の利用について定めた、DOKOJAPAN (ドコジャパン)と利用者の間で適用される法的拘束力および法的強制力のある契約となります。本サービスにアクセスまたは利用することにより、利用者は(利用者または利用者が代表する団体や法人を代表して)この利用規約に同意し、(利用者または利用者が代表する団体や法人を代表して)この利用規約を締結する権利、権限、および能力があることを表明および保証するものとします。

第 1 条 アカウントについて

1. アカウントの作成。当社のサービスの多くを利用するには、利用者自身がアカウント(以下、「アカウント」という)を登録し、アカウント登録フォームの指示に従って、ご自身に関する特定の情報を提供していただく必要があります。あるいは、当社に必要な情報を提出いただき、当社が利用者に代わってアカウントを登録することもできます。その際、利用者は次のことを表明し、保証するものとします。(a)提出に必要なすべての登録情報が、真実かつ正確であること。(b)利用者の当該情報が継続的に正確であること。また、利用者は理由の如何にかかわらず、いつでもサイトの手順に従ってアカウントを削除することができます。

2. アカウントに対する責任。自身のアカウントのログイン情報について、利用者は機密性を維持する責任があり、自身のアカウント下で発生するすべての活動(アクティビティ)に対して一切の責任を有するものとします。アカウントの不正使用、不正使用の疑い、またはその他のセキュリティ違反があった場合、利用者は直ちに当社に通知することに同意するものとします。利用者が上記の要件に従わずに発生した損失または損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。

3. アカウント上の紛争。利用者と他者がアカウントの所有権について紛争を起こした場合、利用者への通知の有無にかかわらず、当社はいつでも独自の裁量により、アカウントの正当な所有者を決定できるものとします。当社による決定が最終決定となるため、正当な所有者であると当社が判断した人物に対して、当該アカウントを譲渡する場合があります。当社がアカウントの正当な所有者を独自の裁量で判断できない場合、アカウントを一時停止または削除することがあります。利用者は、DOKOJAPAN(ドコジャパン)が本条に記載された権利を行使することについて、利用者または第三者に対して責任を負わないことに同意するものとします。

第 2 条 ユーザーコンテンツについて

1. ユーザーコンテンツ。利用者は、サイト訪問時や本サービスの利用時にいつでも、自身の情報とコンテンツ(以下、「ユーザーコンテンツ」という)を当社に提供することができます。ユーザーコンテンツとは、自身の飲食店で販売する商品に関する情報、店の外観写真、メニューのデータ、ビデオ、写真、画像、フォント、その他の素材を含みますが、これらに限定されるものではありません。当社の「DIGITOMENU」(以下、「ディジトメニュー」という)を利用してオリジナルのデジタルメニューを作成いただく場合、利用者は少なくとも複数のユーザーコンテンツをアップロードまたは共有していただく必要があります。

2. ユーザーコンテンツのライセンス。ユーザーコンテンツは、利用者のものです。ただし、利用者はDOKOJAPAN(ドコジャパン)に対し、本サービスの提供、改善、宣伝を目的としてのみ、利用者のユーザーコンテンツをホスト、加工、保存(分散型保存サービスの利用を含む)、修正、複製、配布、翻訳、適応、公開、運用、派生物の作成、他の制作物への統合、その他の利用および活用するための取消不能、非独占的、恒久的、サブライセンス可能、完全譲渡可能、ロイヤルティ無し、かつ完済した国際ライセンスをここに付与するものとします。 利用者は、自身のユーザーコンテンツに関する著作者人格権または帰属に関する請求および主張について、ここに取り消すことなく放棄するものとします(また、放棄させることに同意します)。

3. 利用者のメニューとコンテンツを当社のマーケティングに利用する場合。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は独自のマーケティングを目的として、利用者のディジトメニューやユーザーコンテンツを、自社サイトやマーケティング資料に掲載することがあります。利用者はDOKOJAPAN(ドコジャパン)に対し、自身のディジトメニューまたはユーザーコンテンツ、およびそこに含まれるすべての知的財産を、当社のマーケティングおよびPR活動という目的に限ってのみ、ホスト、保存、修正、複製、配布、翻訳、適合、公開、運用、派生物の作成、他の制作物への統合、その他の利用および活用する上での取消不能、非独占的、永続的、サブライセンス可能、完全譲渡可能、ロイヤリティ無し、かつ完済した国際ライセンスをここに付与するものとします。

第 3 条 利用者の責任とリスク

1. 利用者は自身のユーザーコンテンツとディジトメニューについて、単独で責任を負うものとします。利用者は、ユーザーコンテンツの正確性、完全性、有用性に対する他者からの信頼、または利用者や第三者を特定するユーザーコンテンツの開示を含め、ユーザーコンテンツ利用におけるすべてのリスクを負うことを理解し、明示的に同意したものとします。利用者は、ユーザーコンテンツがご自身または他者を傷つけるなどあらゆるリスクを理解し、明示的に同意したものとします。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は、いかなるユーザーコンテンツについてもバックアップの義務を負わないものとし、またユーザーコンテンツは事前の通知なしに削除される場合があります。また利用者は、自身のユーザーコンテンツがDOKOJAPAN(ドコジャパン)の推奨物であると他者に表明したり、示唆しないものとします。

2. 利用者は、自身のディジトメニューおよび顧客について、単独で責任を負うものとします。 利用者の飲食店やその他の施設には、ディジトメニューにアクセスしやり取りをする閲覧者、スポンサー、顧客(以下、「飲食店の顧客」という)が存在する場合があります。その際、利用者は以下のことを理解し、明示的に同意するものとします。(a)自身のディジトメニューおよび飲食店の顧客については、自身が単独で責任を負うものであり、(b)飲食店の顧客に対するサービス、食事、飲料、商品、サポート、情報の提供については、自身が単独で責任を負うものであり、 (c)ディジトメニューおよび飲食店の顧客に対していかなる形で適用される法律や規則の遵守についても、自身が単独で責任を負うものである。当社は、利用者のディジトメニューについてバックアップの義務を負わないものとし、利用者のディジトメニューを事前の通知なしにいつでも削除することができます。また利用者は、自身のユーザーコンテンツが当社の推奨物であると他者に表明したり、示唆しないものとします。当社は、利用者の顧客に対してサービス、飲食、商品、サポートまたは情報を提供する契約又は合意の当事者ではなく、また当該契約又は合意について、当社は一切の責任を負わないものとします。

3. 利用規定遵守の必要性。利用者は、本規約第4条に記載される「利用規定」を必ず遵守しなくてはなりません。これは常時遵守すべきものであるため、利用者は規定の詳細を確認した上で、自身のユーザーコンテンツとサービスの利用方法が当社の利用規定を遵守していることを表明し、保証するものとします。

4. 法律遵守の必要性。利用者は本サービスの利用において、適用されるすべての法律または規則を遵守していること、および今後も遵守し続けることを表明し、保証するものとします。

第 4 条 利用規定

1. 当社の「利用規定」は下記の通りです。

(1) 利用者は、本サービスを利用して、以下のようなユーザーコンテンツを収集、アップロード、送信、表示、または発信しないことに同意するものとします。(1)著作権、商標権、特許権、企業秘密、著作者人格権、プライバシー権、肖像権、その他の知的財産権または所有権を含む、第三者の権利を侵害するもの。(2)違法、嫌がらせ、虐待、不法行為、脅迫、有害、他人のプライバシー侵害、下品、名誉毀損、虚偽、意図的に誤解を招く内容、商売上の誹謗中傷、ポルノ、わいせつ、明らかに不快、人種差別、偏見、憎悪を助長する、または集団もしくは個人に対するあらゆる種類の身体的危害を含むもの、またはその他の好ましくないもの。(3)何らかの形で未成年者に有害なもの、または(4)法律、規則、義務、または第三者が課す規制に違反するもの

(2) さらに、利用者は以下の行為を行わないことに同意します。(1)当サイトのサービスについて、または本サービスを通じて、コンピューターウィルス、ワーム、またはコンピューターシステムやデータに損害を与えたり、変更したりすることを目的としたソフトウェアをアップロード、送信、または配布すること。(2)商業利用の有無を問わず、未承諾または未承認の広告、販促資料、ジャンクメール、スパム、チェーンレター、ねずみ講、またはその他の形式で複製された、または未承諾のメッセージを、本サービスを通じて送信すること。(3)本サービスを利用して、電子メールアドレスを含む他のユーザーに関する情報やデータを、利用者の同意なしに取得、収集、取りまとめること。(4)本サービスに接続されているサーバーやネットワークを妨害、混乱、過度な負担をかけるなど、当該ネットワークの規則、ポリシー、手続きに違反すること。(5)パスワードの抜き取りやその他の手段により、本サービス(または本サービスに接続している、もしくは本サービスと共に使用される他のコンピューターシステムやネットワーク)への不正アクセスを試みること。(6)他のユーザーが本サービスを利用および享受するにあたり、嫌がらせまたは妨害行為をすること。(7)ソフトウェア、自動エージェント(日常的なタスクを自動的に行うプログラム)またはスクリプトを使用して、本サービス上に複数のアカウントを作成したり、本サービスに対する自動検索、要求、またはクエリーを生成したりすること。(または本サービスからデータを削除、取得、または抜き取りすること)(ただし、当社は、一般的に公開されている検索エンジンの運営者に対し、スパイダー(リンクを貼るプログラム)を使用して当サービスから資料を複製するための取り消し可能な許可を、条件付きで付与します。これは、公開されている検索可能な素材のインデックスを作成するために必要な範囲でのみ許可しますが、当該素材のキャッシュやアーカイブについては許可しないものとします。)

2. 利用規定の変更。当社は独自の裁量により、利用規定を適宜変更することができます。

第 5 条 第三者のサービスプロバイダー:その他のユーザー

1. 第三者のサービスプロバイダー。本サービスは、第三者のサービスプロバイダー(以下、「第三者サービスプロバイダー」という)に統合されているため、第三者サービスプロバイダーが、そのサービス、製品、情報、および素材を利用者に提供することがあります。ただし、第三者サービスプロバイダーは独自の利用規約およびポリシーを有しているため、当サイト利用者が第三者サービスプロバイダーを利用する際は、当該利用規約およびポリシーに従うものとします。

2. その他のユーザー。当社サービスには、以下のユーザーコンテンツが含まれている場合があります。(a)攻撃的または不快なもの、(b)利用者または他人の知的財産権を侵害するもの、(c)違法またはその他の不法なもの、(d)利用者のコンピュータまたはネットワークに有害なもの、(e)エラーを含むもの、または(f)当該ユーザーコンテンツのダウンロードまたは複製を使用することで、他の利用規約、ポリシーまたは法律に違反する可能性があるもの。当社は本サービスを提供する会社ではありますが、ユーザーコンテンツやディジトメニューの正確性、合法性、通貨換算、適合性、安全性、品質については、明示的に否定し、これらを保証するものではありません。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は、利用者または他のユーザーによって本サービスを通じてアップロード、投稿、発行または他の手段によって作成されたユーザーコンテンツの作成者ではありません。したがって当該ユーザーコンテンツについては一切責任を負いません。利用者とユーザーおよび当該ユーザーコンテンツ、またはディジトメニューとのやり取りは、利用者と当該ユーザー間でのみ行われるものとします。利用者は、他のユーザーや当該ユーザーコンテンツ、ディジトメニュー上でのやり取りの結果、損害が生じた場合も含め、DOKOJAPAN(ドコジャパン)は一切の責任を負わないことを理解し、同意するものとします。利用者は、ユーザーコンテンツまたはディジトメニューから自身を守るために必要なあらゆる予防策を講じることについて、単独で責任を負うものとします。例えば、ディジトメニューに掲載されている情報に基づいて食事を注文した人が、その食事によって被害を被った場合、当社はその被害に対して一切の責任を負わないものとします。利用者が望んだ場合、当該ディジトメニューの作成者、または作成させた人物にその補償を求める必要が生じるものとします。

第 6 条 知的財産権

1. 本サイトとサービスの所有権は当社にあります。利用者は、自身が提供するユーザーコンテンツを除き、本サービスの著作権、特許権、商標権、企業秘密などのすべての知的財産権は、DOKOJAPAN(ドコジャパン)またはDOKOJAPAN(ドコジャパン)のサプライヤーが所有することを理解し、明示的に同意するものとします。本規約および利用者が本サービスや他者のユーザーコンテンツやディジトメニューにアクセスすることで、これらの知的財産権の権利、所有権、利益が利用者または第三者に譲渡されることはありません。DOKOJAPAN(ドコジャパン)およびDOKOJAPAN(ドコジャパン)のサプライヤーは、本規約内で付与されていないすべての権利を保有しています。

2. フィードバック。利用者がDOKOJAPAN(ドコジャパン)に対し、本サイトまたは本サービスに関する意見や提案(以下、「フィードバック」という)を提供する場合、利用者は当該フィードバックに関するすべての権利をDOKOJAPAN(ドコジャパン)に譲渡し、DOKOJAPAN(ドコジャパン)が当該フィードバックおよび関連情報を適切と思われる方法で使用し、十分に活用する権利を有することについて、ここに同意します。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は、利用者がDOKOJAPAN(ドコジャパン)に提供した全てのフィードバックを非機密かつ非独自的なものとして扱うものとします。また利用者は、自身が機密または独自と考える情報やアイデアについては、DOKOJAPAN(ドコジャパン)に提出しないことに同意するものとします。

第 7 条 当社の権利

1. 当社の権利。 DOKOJAPAN(ドコジャパン)は、以下の権利を有しており、利用者への通知の有無にかかわらず、DOKOJAPAN(ドコジャパン)の独自の裁量により、そのすべてまたは一部をいつでも行使することができるものとします。(a)本サービスの変更、停止または中止、(b)本サービスの内容、利用方法および機能の変更、(c)利用者の本サービスへのアクセスおよび利用の一時停止、制限、無効化、または終了、(d)利用者のアカウントまたはディジトメニューへのアクセスの一時停止、制限、無効化、または終了。利用者は、DOKOJAPAN(ドコジャパン)が本条に記載された権利を行使することについて、自身またはいかなる第三者に対しても責任を負わないことに同意するものとします。

2. 権利の行使。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は独自の裁量により、ユーザーコンテンツを確認し、利用者に対する調査および/または適切な措置を講じる権利を有します。(ただし、義務ではありません。)措置としては、利用者のユーザーコンテンツやディジトメニューの削除、変更、アカウントの終了、法執行機関への通報などが含まれます。

第 8 条 個人情報

1. プライバシーポリシー。当規約の条件として、利用者は当社のプライバシーポリシーを必ずよくお読みください。

2. 個人情報保護法の遵守。 利用者は本サービスを利用するにあたり、データ保護、セキュリティ、およびプライバシーに関する適用法令を遵守する責任が、利用者にあることを理解し、明示的に同意するものとします。当該法令として、欧州連合の一般データ保護規則(EU General Data Protection Regulation)および電子プライバシー指令(e-Privacy Directive)が含まれます。さらに利用者は、保護、セキュリティおよびプライバシーに関するすべての適用法規および規則を遵守することを表明し、保証するものとします。

第 9 条 有料サービスと支払い

1. 有料サービス。利用者は、料金を支払うことで、当社が提供する特定のサービス(以下、「有料サービス」という)に適宜アクセスまたは使用することができます。たとえば、ディジトメニューを作成しホストになる場合、月毎、年毎、または固定料金といった一定の金額を支払う必要があります。有料サービスの期間は、本規約に記載の通り、キャンセルまたは期限が終了するまで有効です。有料サービスに適用される料金については、当社から事前にお知らせします。利用者は本サービスを通じて、有料サービスをキャンセルすることができます。有料サービスの料金を期日までに支払わなかった場合、有料サービスへのアクセスを一時停止または解約する場合があります。また、有料サービスの料金が請求される前に、関連する追加料金についても当社からお知らせします。有料サービスの料金は、特に別途明記されていない限り、現時点で当社が指定する決済処理機関を通じて請求されます。当社の現在の決済処理業者はオンライン決済システムStripe(ストライプ)です。上記にかかわらず、当社は独自の裁量により、請求書を利用者の電子メールアドレスに直接送信することができるものとします。

2. 自動更新。当社は、特定の有料サービスについて、利用者が初回の支払いをした日以降、各更新期間中に利用者が当該有料サービスを明示的に解約するまで、自動的に請求を行うものとします。各更新期間は、初回に申込んだ期間と同じ期間となります。当社が料金の値上げを通知しない限り、更新時に支払う料金は初回料金と同額となります。例えば、利用者が月額プランを利用されている場合、当該プランは1ヵ月間ごとに自動的に更新されます。当社は、利用者が登録している決済方法により、当該プランの料金を利用者に請求しますが、利用者は当社がこれを行うことを明示的に承認するものとします。例えば、利用者が当サイト上で月額制のディジトメニューを作成しホストする場合、当社は当該サービスの料金を、初回に利用者が使用した決済方法により、初回月とその後(利用者が解約するまでの間)、毎月請求するものとします。

3. 税金。すべての料金は、一切の税金を含んでいません。税金の支払いについては、利用者が単独で責任を負うものとし、当社は有料サービスを含むサービスのその他の料金に加えて、かかる税金を請求するものとします。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は独自の裁量により、利用者が免税対象になるかの判断をする場合があります。DOKOJAPAN(ドコジャパン)が法律によって物品サービス税や付加価値税などの間接税の支払いまたは徴収を義務付けられた場合、かかる税金の支払いについては利用者が単独で責任を負うものとします。

4. 返金。利用者はいつでも有料サービスを解約することができますが、当社が別途決定をしないかぎり、または法律で要求される場合を除き、当社の独自の裁量により利用者に返金は行わないものとします。

5. 料金の変更。当社は独自の裁量により、有料サービスの課金額をいつでも変更することができます。利用者が料金変更に同意しない場合、利用者は次の支払日以前に当該有料サービスを解約する権利を有します。

6. 決済処理機関。当社は、有料サービスの対価を利用者に請求する際、第三者の決済処理機関を利用しています。支払いについては、本規約に加えて、決済処理機関の条件およびプライバシーポリシーが適用されます。現在、当社はオンライン決済システムStripe(ストライプ)を利用して決済処理を行なっています。利用者は、有料サービスに対して支払うすべての金額を、決済処理機関を通じて当社に支払うことに明示的に同意するものとします。利用者は、支払い請求後および/または受領後であっても、当社が決済処理機関に対してエラーや間違いを指摘し訂正する権利を明示的に承認し、当社にその権利を付与するものとします。

7. 第三者サービス提供会社に支払う料金。 第三者サービス提供会社から購入したサービスについては、同社が独自に定めた条件に従うものとします。利用者は、当該条件を遵守できるか自身の責任で確認してください。当社は、利用者が第三者サービス提供会社と締結した契約の当事者ではないものとします。

第 10 条 契約期間と終了について

本条の規定に従い、利用者または当社のいずれかによって終結されるまでの間、本規約は完全に効力を持ち続けるものとします。当社はいつでも独自の裁量により、また通知の有無にかかわらず、利用者による本サービスへのアクセスのすべてまたは一部を制限、削除、一時停止、または無効にすることができます。本契約期間終了後においても、第2条、第6条、本条、第11条、第12条、第13条、第15条は、本契約終了後も存続するものとします

第 11 条 免責事項

当サービスは「現状有姿」かつ「利用可能な状態」で提供されており、DOKOJAPAN(ドコジャパン)(および当社のサプライヤー)は、商品性、特定目的への適合性、所有権、平穏享有、正確性、非侵害性などについて、明示的、暗示的、法定的を問わず、あらゆる種類の保証および条件から明示的に免責されるものとします。当社(および当社のサプライヤー)は、本サービスが利用者の要求を満たし、中断することなく、タイムリーに、安全に、エラーなく利用できること、あるいは、正確かつ信頼でき、ウィルスその他の有害なコードを含まず、合法または安全であることを完全に保証するものではありません。本サービスが適用法によって保証が要求される場合、かかる保証はすべて、最初の使用日から起算して90日間に限定されるものとします

DOKOJAPAN(ドコジャパン)は以下の事項について、いかなる誓約をせず、また一切の責任を負わないことを明示的に表明するものとします。(a)ユーザーコンテンツ(ディジトメニューに含まれるユーザーコンテンツを含む)、(b)ディジトメニュー、第三者のウェブサイト、第三者の商品、または同サービスを通じて表示され利用者がアクセスできる第三者のサービス提供者、(c)ディジトメニューの品質、そこで紹介された食事や飲料、利用者の飲食店やその他の施設における当社のサービス関連の収益、または (d)ディジトメニューをはじめとする利用者のユーザーコンテンツへの不正アクセス、不正使用、または改ざんなど。当社は、一般ユーザーや他者の行動および発言について管理や指示をすることはありません。当該人物の行動や行為(オンラインまたはオフラインを問わず)、または当該人物が共有するコンテンツ(攻撃的、不適切、わいせつ、違法、危険、その他の好ましくないコンテンツを含む)について、当社は一切の責任を負わないものとします

第 12 条 限定責任

利用者は、法律で認められている最大限の範囲で、DOKOJAPANに故意または重過失がない限り、DOKOJAPAN(ドコジャパン)、その関連会社、その取締役、株主、役員、従業員、契約者、代理店、サプライヤーが、下記のような本サービスまたは本規約に関連して発生したいかなる請求についても、利用者または第三者に対して一切の責任を負わないことを理解し、明示的に同意するものとします。(a)間接的損害、派生的損害、顕在的損害、偶発的損害、特別損害、または懲罰的損害、(b)逸失利益、収益、データ、営業権、その他の有形無形物の損失、(c)第三者のサービス提供者が提供するサービス、(d)ユーザーコンテンツ、(e)利用者のアカウント、ディジトメニュー、および本サービスの一部へのアクセス、またはアクセスできないことに関連する損失、(f)利用者のユーザーコンテンツ、ディジトメニュー、または利用者の飲食店のデータに対する不正行為、損失、不正アクセスまたは改ざんに関連した損失。本項に含まれる制限事項は、契約、不法行為、過失、厳格責任、保証、その他の法理論に基づいているか否かに関わらず、たとえ当社がそのような損害の可能性を知らされていたとしても、また、本利用規約に定められた救済措置が本質的な目的を果たせなかったと判明した場合でも、あらゆる法理に適用されるものとします。サービスへのアクセスや利用については、利用者自身の裁量とリスクによって行われ、それにより生じた利用者のデバイスやコンピューターシステムの損傷やデータの損失については、利用者が単独で責任を負うものとします。

法律で認められる最大限の範囲内で、本規約のいかなる規定にもかかわらず、またいかなる場合においても、本サービスまたは本規約に起因または関連する請求についてDOKOJAPAN(ドコジャパン)の責任総額は、日本円で最大壱万円まで、または当該請求の原因となった事象の直近12ヶ月間に利用者がDOKOJAPAN(ドコジャパン)に支払った金額の総額以下とします。複数の請求があっても、この限度額を超えることはありません。

第 13 条 補償

利用者は、以下の事項に関連して発生した合理的な弁護士費用を含むあらゆる損害、損失、責任、費用、請求、要求、罰金、賠償裁定、および経費について補償し、DOKOJAPAN(ドコジャパン)およびその関連会社、取締役、役員、従業員、契約者、代理店、サプライヤーに対して、下記に起因する損害を与えないことに同意します。(a)利用者による本規約の違反、(b)利用者のユーザーコンテンツおよびディジトメニューの内容、(c)利用者の飲食店の顧客に代わる請求、または顧客に対する請求、(d)利用者による法律または規則違反、(e)利用者のユーザーコンテンツ、ディジトメニュー、または飲食店に関して各国の税務当局からの請求。利用者の補償義務については、重大な当規約違反に直接起因するものには適用されないものとします。

第 14 条 著作権

1. 通知。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は他者の知的財産権を尊重しているため、本サービスの利用者にも同様の配慮をお願いしております。本サービスに関しても、DOKOJAPAN(ドコジャパン)は著作権法を尊重する方針を採用し、実施しています。この方針では、著作権を含む知的財産権の侵害を繰り返す本サービスの利用者に対して、適切な状況下において、著作権を侵害している素材の削除や解約を実行することを規定しています。本サービスの利用を通じて著作物の著作権を違法に侵害しているとみられる人物がいた場合、さらに侵害しているとされる素材の削除を希望する場合、利用者は直ちにDOKOJAPAN(ドコジャパン)に(下記第15条11項に記載の住所宛に)、以下の情報を書面で通知するものとします。

(1) 自身の物理的または電子署名

(2) 著作権侵害を主張する著作物が特定できるもの

(3) 自身が著作権侵害を主張し、当社サービス上で当社に削除を要求する素材の特定

(4) 当社が当該素材を探す上で必要な情報

(5) 自身の住所、電話番号、メールアドレス

(6) 異議申し立てをする素材の使用が、著作権所有者、その代理人、または法律の下で許可されていないという旨を、誠実な信念を持って表明した声明文。

(7) 通知に記載された情報が正確であること、および偽証罪によって罰せられる可能性もあるという条件の下、自分が著作権侵害されたと主張する著作権の所有者である旨、もしくは著作権所有者の代理として行動する権限があることを表明した声明文。

2. 警告。なお、書面による通知において重大な事実の不実記載(虚偽)があった場合には、書面による通知および著作権侵害の申し立てに関連して当社が被った損害、費用、弁護士費用については、苦情を申し立てた当事者が自動的に責任を負うことになりますのでご留意ください。

第 15 条 総則

1. 完全合意。本規約は、本サービスの利用に関して利用者とDOKOJAPAN(ドコジャパン)との間の完全な合意を構成するものであり、本規約の主題に適用される他のすべての事前合意または同時期合意または条件より優先され、取って代わるものとします。

2. 可分性と権利放棄。本規約のいずれかの条項が何らかの理由で無効または執行不能となった場合でも、本規約の他の条項は損なわれないものとし、無効または執行不能な条項についても、法律で認められる最大限の範囲で有効かつ執行可能となるように修正されたものとみなされます。本規約の違反または不履行に対する権利放棄をしても、先行または後続の違反または不履行に対する権利放棄とはみなされないものとします。

3. 解釈。本規約の各条のタイトルは便宜上のものであり、法的または契約上の効力はありません。

4. 規約の変更。下記のいずれかに該当する場合は、本規約は民法第548条の4の規定に基づき不定期に改訂されることがあり、変更があった場合には、利用者が直近で提供した電子メールアドレス(もし、あれば)に電子メールを送信することにより、および/または、本サイト上で目立つように変更通知を掲載することにより、利用者に通知するものとします。(a)本規約の変更が利用者の一般的利益に適合するとき、(b)本規約の変更が契約をした目的に反せず、かつ変更の必要性、変更後の内容の相当性およびその内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。したがって利用者は、最新の電子メールアドレスを当社に提供する責任があります。本規約の変更については、利用者への電子メールによる通知の送信後(該当する場合)30暦日後、または本サイトに変更通知を掲載してから30暦日後のいずれかのうち、早い日付で有効となります。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は利用者への電子メールによる通知、または本サイト上での変更通知に、変更後の内容および変更の効力発生時期を記載します。新規ユーザーについては、当該変更事項は直ちに有効となります。このような変更の通知を受けて利用者が本サービスを継続して利用する場合、利用者は当該変更を承認し、当該変更条件に同意したものとみなされます。

5. 関係。本規約および利用者による本サービスの利用は、DOKOJAPAN(ドコジャパン)と利用者の間にパートナーシップ、合弁事業、雇用者と従業員、代理店、またはフランチャイザーとフランチャイジー等の関係を構築するものではなく、またそのように解釈されるものでもありません。

6. 権利の譲渡。DOKOJAPAN(ドコジャパン)は、利用者の同意を得ることなく、また利用者に事前に通知することなく、本サービスに関する所有権および権原を第三者に譲渡することができるものとします。利用者は、DOKOJAPAN(ドコジャパン)の書面による事前の同意がない限り、本規約に基づく権利および義務を譲渡することはできません。DOKOJAPAN(ドコジャパン)の事前の明示的な書面による同意なしに、譲渡を試みた場合、または実際に譲渡した場合、これらは無効となります。いかなる場合においても、本条に基づく譲渡または移転自体が、DOKOJAPAN(ドコジャパン)または利用者にサービス取り消しの権利を付与するものではありません。

7. 準拠法、裁判所。本規約および本サービスに起因または関連するすべての紛争および事案(契約外の紛争および事案を含む)は、抵触法の規定にかかわらず、日本国の法律に準拠するものとします。本規約(その存在、成立、運営、終了を含む)および本サービス(契約外の紛争や事案を含む)に起因または関連するあらゆる司法手続き(少額訴訟を除く)は、日本国東京地方裁判所のみに持ち込まれるものとし、利用者およびDOKOJAPAN(ドコジャパン)は、当該裁判所を裁判地および第一審の専属的管轄裁判所とすることに同意するものとします。

8. 電子的手段によるやり取り。利用者とDOKOJAPAN(ドコジャパン)との間のやり取りについては、利用者が本サイトを利用する場合、DOKOJAPAN(ドコジャパン)に電子メールを送る場合、DOKOJAPAN(ドコジャパン)が本サイトにお知らせを掲載する場合、電子メールでお客様と連絡を取る場合のいずれにおいても、電子的手段を使用するものとします。契約上の目的として、利用者は次のことに同意するものとします。(a)DOKOJAPAN(ドコジャパン)とのやり取りは電子形式で受信することに同意する。(b)利用者に提供するすべての条件、契約、通知、開示、その他の連絡事項は、DOKOJAPAN(ドコジャパン)から利用者に電子的手段で提供されますが、それらの連絡事項は紙の書面で満たすことができるあらゆる法的要件を満たすことに同意するものとします。上記の事項は、利用者が放棄できない権利に影響を与えるものではありません。

9. 第三者への利益無供与。本規約は第三者に対して如何なる権利や利益を付与することを意図したものではありません。本規約に基づく当社のすべての権利および義務については、合併、買収、資産の売却、または法律の運用などにより、当社が自由に譲渡できるものとします。

10. 著作権/商標に関する情報。 著作権© 2021。無断複写・転載禁止。本サイトに表示されるすべての商標、ロゴ、サービスのマーク(以下、「マーク」という)は、当社または他の第三者が所有権を保有しています。当社の書面による事前の同意、またはマークを所有する第三者の同意を得ることなく、利用者はこれらのマークを使用することはできません。

11. 連絡先情報。

郵送先住所:

DOKOJAPAN(ドコジャパン)株式会社

〒810-0042

福岡県福岡市中央区赤坂一丁目11番13号

赤坂塚田ビル6F

メールアドレス:

legal@digitomenu.com

12. 言語。本規約は英語によって作成され、締結されるものとします。本規約が英語以外の言語に翻訳された場合においても、かかる翻訳は本規約の解釈に一切影響しないものとします。かかる翻訳と英語により作成された本規約の間に矛盾抵触がある場合は、いかなる場合においても英語により作成された本規約が優先するものとします。